Home > 今日のレシピ > 大豆に置きかえ精進ごはん「豆乳でつくるロールキャベツ」

今日のレシピ

大豆に置きかえ精進ごはん「豆乳でつくるロールキャベツ」

健康食として注目が集まっている精進料理ですが、動物性の食材やニンニクやネギなど、においの強い野菜を使わずにレシピを考えるのは大変ですよね。そこで今回ご紹介するのは、食材を大豆に置き換えた精進レシピ「豆乳でつくるロールキャベツ」です。

 

精進料理では、牛乳を含む乳製品も使用してはいけない食材の一つです。そこで「valor select 無調整豆乳」を使用してロールキャベツを美味しく味付け♪

 

1018PB

 

柔らかく煮込まれたロールキャベツと食感の良いきのこ、そして大豆本来の味が楽しめる豆乳がベストマッチ!あたたかい味が体を温めてくれます。

豆乳ロールキャベツ材料写真

【材料 (4人分)】
valor select 無調整豆乳・・400ml
キャベツ・・8枚
ぶなしめじ・・1パック
ひらたけ・・1パック
マッシュルーム・・1パック
塩・・小さじ1
こしょう・・少々
昆布顆粒だし・・小さじ1
水溶き米粉・・(米粉大さじ3+水大さじ3)
パスタ(止める用)・・適量

 

【作り方】

1.キャベツを一枚ずつはがし、たためるくらいになるまでお湯(分量外)で軽く茹でる。

 

2.1を取り出し芯を削ぎ、キャベツを2枚重ねて削いだ芯を入れて包み、パスタで止める。

 

3.鍋にロールキャベツを並べ、ヒタヒタになるまで水(分量外)を入れ、柔らかくなるまで中火で煮る。

 

4.ぶなしめじ、ひらたけは手で裂き、マシュル―ムは1/4に切って、3に入れ更に軽く煮る。

 

5.4に豆乳を入れ、塩、こしょう、昆布顆粒だしで味付けし、水溶き米粉でとろみをつける。

 

1018サムネ

 

★ここがPoint★

昆布顆粒だしを入れることで、豆乳のやわらかな味が引き立ちます。

 

精進料理は過程も重要。手間と工夫を惜しまないことも大切です。動画でも作り方をチェックできるので、是非ゆっくり時間が取れる時に作ってみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。