Home > 今日のレシピ > レンジでつくる「ちくわとキャベツの茶碗蒸し」

今日のレシピ

レンジでつくる「ちくわとキャベツの茶碗蒸し」

今回ご紹介するのは、お正月にお金を使いすぎてしまった…という方必見!「節約かさ増しレシピ」です。

 

「ちくわとキャベツの茶碗蒸し」は、蒸し器がなくても電子レンジで簡単に作ることができるので、一人暮らしをしている方にもオススメです。

 

卵液のふるふる感と、キャベツの歯ごたえ、「valor select ちくわ」のやわらかい食感が、ベストマッチ♪ 茶碗蒸しが一品あるだけで、食卓が華やかになりますよ。

 

230124_PB

 

【材料 (1人分)】

valor select ちくわ・・1本
キャベツ・・60g
卵・・1個
水・・150ml
鶏がらスープの素・・小さじ1
お湯・・大さじ1
塩、こしょう・・少々
スプラウト・・適量(お好みで)

レンジでつくるちくわとキャベツの茶碗蒸し材料写真

【作り方】

1.キャベツは太めの千切りにし、耐熱容器に入れてふんわりラップをかけ、600wの電子レンジで1分30秒加熱する。

 

2.ボウルに鶏がらスープの素とお湯を入れて混ぜ溶かし、塩、こしょう、水を加えて混ぜる。

 

3.別のボウルに卵を割り入れ、白身と黄身がしっかり混ざるようによく溶いたら2を加えて混ぜる。

 

4.ボウルにざるを用意し、3をこす。

 

5.1を器に入れて4を注ぎ、キャベツをさっとほぐす。斜め切りにしたちくわを乗せ、ラップをして600wの電子レンジで2分30秒加熱する。

 

6.お好みでスプラウトを飾って完成。

 

0124_thum

 

★ココがPoint★

固まらなかった場合はもう少し加熱時間を増やしましょう。ただし、連続して加熱すると、すが入ることがあるので注意!

 

安い!簡単!おいしい!の嬉しい3点がそろったこの茶碗蒸し。

動画でも作り方をチェックできるので、是非挑戦してみてくださいね。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。