Home > 今日のレシピ > ひんやり♪ほろ苦い大人のデザート「コーヒープリン」

今日のレシピ

ひんやり♪ほろ苦い大人のデザート「コーヒープリン」

今回は、暑い夏だからこそ食べたい、大人も楽しめるひんやりスイーツをご紹介します。
口当たりなめらかな食感とほろ苦い味がおいしい「コーヒープリン」は、簡単でおいしく、おすすめです♪

 

作り方は普通のプリンとほとんど変わらないので、難しい工程は一切なし!深いコクのある味わいが特徴の「valor select アイスコーヒー無糖」を使えば、芳醇なコーヒーの風味を楽しむことができます。

 

コーヒーや牛乳の量も調整できるので、自分好みのコーヒープリンが作れます。甘いプリンが苦手な方も、これなら美味しく食べられるはずです。

 

0809PB コーヒープリン材料写真

 

【材料 (プリンカップ4個分)】
valor select アイスコーヒー無糖・・200ml
卵・・2個
牛乳・・50ml
グラニュー糖・・50g
ホイップクリーム・・適量
[カラメルソース]
グラニュー糖・・50g
水・・10ml
お湯・・10ml

 

【作り方】

1.[カラメルソースを作る]
鍋にグラニュー糖と水を入れて弱火にかける。色づいてきたら鍋を回して色を均一にし、好みのカラメル色になる手前で火を止める。お湯を一気に注ぎ、カップに流す。

2.鍋に牛乳とグラニュー糖、コーヒーを入れて弱火にかけ、かき混ぜる。グラニュー糖が溶けたら火を止める。

3.ボウルに卵を溶き、2を少しずつ加えながら泡立て器で混ぜる。こし器でこしながら1のカップに流す。

4.深さのある容器にキッチンペーパーを敷き、間隔をあけて3を並べアルミホイルで覆う。カップの高さの1/3までお湯(分量外)を注ぎ、150℃に予熱したオーブンで30分焼く。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

5.4を皿に取り出し、ホイップクリームを添える。

 

0809thum

 

★ココがPoint★

苦味がお好きな方はカラメルを少し焦がし気味でつくると、ほろ苦くなります♪

手作りのプリンは固さを調整することもできるので、昔懐かしい固さなど、色々アレンジが可能です。コーヒー牛乳で作っても◎
動画でも作り方をチェックできるので、是非チャレンジしてみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。