Home > 今日のレシピ > 家族喜ぶ簡単メニュー なめ茸で作る プルコギ

今日のレシピ

家族喜ぶ簡単メニュー なめ茸で作る プルコギ

涼しくなってきて体調を崩しやすい時期、ガッツリお肉を食べてスタミナをつけましょう!


今回紹介するのは、タレにアレンジを加えた韓国料理の定番「プルコギ」。作れば家族から喜ばれるおかずです♪今回のレシピでは「valor select なめ茸」を1瓶贅沢に使用!えのき茸を醤油で煮込んだなめ茸は、プルコギのたれにピッタリ!おいしいタレでご飯が進みます◎色々な野菜やお肉を一気に取れるので、栄養バランスも良く嬉しい一皿。牛肉のしっかりした味でビールもグビグビ進んでしまいそうです。

 

210924_PB_初00


【材料(2人分)】
牛もも肉切落・・300g
ごぼう・・30g
玉ねぎ・・30g
ニラ・・30g
赤パプリカ・・30g
ごま油・・大さじ1/2
[タレ]
valor selectなめ茸・・1瓶(120g)
おろし生姜・・15g
おろしにんにく・・15g
醤油・・大さじ2強
酒・・小さじ4
ごま油・・大さじ1/2
砂糖・・小さじ1強

【作り方】
1. ボウルにタレの材料を入れてよく混ぜ合わせる。

2. ごぼうは薄く斜め切りにして水にさらしザルにあげる。玉ねぎ、赤パプリカは薄くスライスし、ニラは3cm幅に切っておく。

3. 牛肉、玉ねぎ、ニラ、赤パプリカを1に入れて、よく揉み合わせ味を染み込ませる。

4. フライパンにごま油を入れ、ごぼうを加え焼き目がつくまで中火で炒めたら、3を加えて火が通るまで炒める。

 

0924_sub


★ココがPOINT★
タレの材料を混ぜ合わせる際、洗い物を出したくなければボウルではなくビニール袋を使ってもOK!すりおろしたりんごをたれに加えるのもおすすめです。タレの作り方を覚えれば応用も可能。お好みの野菜を使ってアレンジできますよ。

 

今日のおかずはこれで決まり!動画で作り方をチェックしてみてください。

 



今回のレシピは料理家の前田量子さん監修です。

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。