Home > 今日のレシピ > ご飯にかける絶品手作りふりかけ「梅ひじきふりかけ」

今日のレシピ

ご飯にかける絶品手作りふりかけ「梅ひじきふりかけ」

今回ご紹介するのは「valor select 米ひじき」をメインに使ったご飯のお供「梅ひじきふりかけ」です。手作りのふりかけは自分好みの味付けができ、ご飯がもりもり進みますよ。

 

画像2

 

作り方は簡単!水で戻した米ひじきを醤油で炒めたあと、小梅・大葉・汐ふき昆布を混ぜて、あとはご飯に乗せて食べるだけ!

冷蔵庫で5日程度保存も可能です。

梅ひじきふりかけ材料写真

【材料 (作りやすい分量)】
valor select 米ひじき・・27g
小梅(カリカリしたもの)・・60g
大葉・・10枚
汐ふき昆布・・20g
醤油・・小さじ2と1/2

 

 

【作り方】

1.ひじきはたっぷりの水(分量外)に10分浸けて戻す。ざるにあげてさっと洗い、水気を切る。

 

2.小梅は種を取り除くように果肉を切る。大葉は千切りにし、さっと水にさらしてから水気を絞る。

 

3.フライパンに1を入れ、中火で3〜4分炒めて水分を飛ばす。醤油を加えて軽く炒め、ボウルに取り出して冷ます。

 

4.2と汐ふき昆布を加えて混ぜる。

 

画像3

 

★ココがPoint★

 

ひじきを水で戻すときはボウルを使いましょう。初めからざるを使ってしまうと、大きく膨らんだひじきが網目に引っかかってしまいます。また、水よりもお湯を使った方がはやく戻りますよ♪

 

大葉の風味、小梅のカリカリ感とひじきとこんぶのしっとり感がおいしいこのふりかけ。
是非一度、試してみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。