Home > 今日のレシピ > 鶏ささみとトマトのごまたっぷりサラダ

今日のレシピ

鶏ささみとトマトのごまたっぷりサラダ

☆おすすめ!ロカボレシピ☆


暑い日にも火を使わず簡単においしいサラダが完成!鶏ささみとトマトのごまたっぷりサラダをご紹介。電子レンジで加熱した鶏ささみと切ったトマトと、大葉に調味料を加えて和えるだけ!


しかもカロリーは1人分たったの73キロカロリー。鶏ささみもトマトも低糖質、低カロリー!鶏ささみでたんぱく質を、トマトでビタミンを補給でき、栄養バランスもばっちりです。

 

鶏ささみとごまの相性はバツグンで、トマトの酸味と酢でさっぱりいただけます。夏の暑さでちょっと食欲がないときにささっと手軽に作って食べてもよし!夕食のサラダにもオススメです。

材料:鶏ささみとトマトのごまたっぷりサラダ

【材料(4人分)】
鶏ささみ・・3本(200g)
塩こしょう・・少々
トマト・・大1個(200g)
大葉・・4枚
[A]
白だし・・大さじ1
酢・・大さじ1
白すりごま・・大さじ1

【作り方】
1. 鶏ささみは塩こしょうを振り、耐熱皿に並べて600wの電子レンジで2分40秒加熱し、粗熱が取れたら手でさく。

2. 食べやすい大きさに乱切りしたトマトと1、Aを和えて、刻んだ大葉をちらす。

 

0803_thumbnail


★ココがPOINT★
鶏ささみは茹でたらパサパサになってしまった…なんて経験はありませんか?お酒を少々加えて電子レンジで加熱すると、失敗なしでしっとり仕上がります。

物足りない人はきゅうりやオリーブオイルを加えるのもオススメです。また、ごま油や醤油を加えると中華風になりますよ。

☆ロカボとは適正な糖質摂取により、血糖上昇を抑える生活習慣のこと。1日の糖質摂取量は70~130gを推奨しています。

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。