Home > 今日のレシピ > 香る紅茶ともちもち食感♪「紅茶とプルーンのスイーツフォカッチャ」

今日のレシピ

香る紅茶ともちもち食感♪「紅茶とプルーンのスイーツフォカッチャ」

今回はティータイムにピッタリな「紅茶とプルーンのスイーツフォカッチャ」。前回に引き続き、イタリア料理には欠かせないパン「フォカッチャ」のアレンジレシピです。

紅茶の風味付けにはティーバッグを使うので簡単です。また、保存料・植物油脂を使用していない「valor plus カルフォルニア産プルーン」は、種をぬき、しっとりやわらか食感に仕上げてあり、もちもち食感のフォカッチャにピッタリです。

ひと口食べれば紅茶の香りが広がり、フォカッチャとプルーンの優しい甘さがたまらない!是非、紅茶やコーヒーと合わせてお召し上がりください。もちろん朝食にもおすすめです♪

 

プルーンPB紅茶とプルーンのフォカッチャ材料

 

【材料 (約21×16×3cmのホーローバット1台分)】
valor plus カリフォルニア産プルーン・・45g
砂糖・・大さじ1/2
[A]
強力粉・・130g
塩・・小さじ1/2
砂糖・・大さじ1と1/2
紅茶(アールグレイ・ティーバッグの中身)・・1袋分
[B]
ドライイースト・・1g
牛乳・・115g
オイル(米油やサラダ油など)・・大さじ1

 

【準備】

四隅に切り込みを入れたオーブンシートをホーローバットに敷いておく。水(または牛乳)は、夏は冷蔵庫で冷やしたもの、冬は人肌に温めたもの、それ以外の季節は20~25℃のものを使用する。

 

【作り方】

1.プルーンは半分に切っておく。ボウルにBを順に入れ、泡立て器で混ぜる。A(紅茶は中の茶葉を使用)も順に加えてゴムベラで2〜3分、粉気がなくなるまで混ぜる。最後に半分に切ったプルーンを入れて均一に混ぜる。

 

2.一次発酵
生地を入れたボウルにラップをして室温に30分置き、濡れた手で生地の端をはがして、中央に向かって折りたたむ作業を1周行い、綺麗な面が上になるように生地の上下を返す。再度ラップをして室温に30分置く。冷蔵庫の野菜室に入れ、生地が2倍以上の大きさになるまで最低6時間~最長2日置いて一次発酵させる。冷蔵庫から生地を取り出し、室温に30分置く。生地の表面に打ち粉(強力粉・分量外)を振って、生地とボウルの間にカードなどを差し込んではがし、生地を取り出す。

 

3.成型・二次発酵
生地を指で広げて長方形に伸ばす。左右を1/3ずつ内側に折りたたむ。バットに敷いたオーブンシート全体にオイル小さじ1/2(分量外)を塗り、生地のとじ目が下になるようにバットに入れて、指で生地をバットの隅々まで行き渡らせたら、35℃のオーブンで45分二次発酵させる。

 

4.オーブンを180℃に予熱する。3の生地の上にオイル小さじ1/2(分量外)を塗って、生地の底に指をつけるように全体に穴をあける。表面全体に砂糖を振り、180℃のオーブンで20分焼く。

 

0524

 

★ココがPoint★

オーブンにより温度や焼き時間に違いがあるので、様子を見ながら焼きましょう。

プルーン以外にもメープルシロップやりんご、ジャムなどを混ぜてもおいしいですよ。

動画でも作り方をチェックできるので是非挑戦してみてください。

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。