Home > 今日のレシピ > 酸味と甘味がおいしい「イチジクのレアチーズケーキ」

今日のレシピ

酸味と甘味がおいしい「イチジクのレアチーズケーキ」

今が旬の果物イチジク。そのまま食べるのもおいしいですが、手作りのスイーツでも味わってみませんか?今回はイチジクを贅沢に使ったレアチーズケーキのご紹介します。

 

イチジクは皮をむき輪切りにして使用します。材料を混ぜて出来上がった生地の上にブルーベリーと一緒に飾り付けて冷やせば、イチジクの断面もかわいいケーキが完成!

 

甘酸っぱいイチジクとブルーベリーが、濃厚なレアチーズと相性ばっちり!
後味はさっぱりなので甘いものが苦手な方も、美味しくいただくことができますよ。

イチジクのレアチーズケーキ材料写真

【材料 (15cm四方スクエア型1台分)】

ヨーグルト・・100g
クリームチーズ・・100g
はちみつ・・20g
顆粒ゼラチン・・6g
生クリーム・・130ml
ビスケット(市販)・・60g
バター・・20g
イチジク・・1と1/2個
ブルーベリー・・11粒

 

【下準備】

1.ビスケットはポリ袋に入れ、麺棒などで叩いてくだく。

2.バターは耐熱容器に入れてラップをし、600wの電子レンジで20秒加熱を繰り返して溶かす。

3.型にクッキングシートを敷く。

4.イチジクは皮をむいて薄切りにする。

 

【作り方】

1.ボウルにビスケットとバターを合わせ、馴染んだら型に敷き詰める。

 

2.ボウルにクリームチーズとはちみつを入れてハンドミキサーで混ぜ、ヨーグルトを加え泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。

 

3.生クリーム50mlを耐熱容器に入れて600wの電子レンジで30秒加熱し、ゼラチンを加えて混ぜ溶かし、粗熱をとる。

 

4.別のボウルに残りの生クリームを入れてハンドミキサーで泡立てる。2と3を加えゴムベラで合わせる。1に流し入れ、イチジクとブルーベリーを飾り、冷蔵庫で4時間冷やし固める。

 

0927sub

 

 

★ココがPoint★

ヨーグルトは水抜きしておくと、より濃厚なレアチーズケーキになります。

イチジクには女性にうれしい美容や健康効果をもたらす栄養素も豊富。
オーブンを使わない簡単レシピなので、是非一度作ってみてくださいね。

 

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。