Home > 今日のレシピ > 春の訪れを楽しもう「桜の蒸しパン」

今日のレシピ

春の訪れを楽しもう「桜の蒸しパン」

今回ご紹介するのは桜の塩漬けを使った、桜の香りを楽しめるレシピ「桜の蒸しパン」をご紹介♪

 

この桜の蒸しパンは、材料を混ぜて蒸すだけ。
少ない工程でオシャレにできるので、おもてなしやお花見にもピッタリな一品です。

 

桜むしパン材料写真

【材料 (ワンホール)】
強力粉・・150g
てんさい糖・・140g
卵・・2個
サラダ油・・50g
豆乳・・50g
ベーキングパウダー・・10g
桜の塩漬け・・30個位

 

【作り方】

1.ボウルに強力粉、てんさい糖、ベーキングパウダーを入れて軽く混ぜ、卵、サラダ油、豆乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。(泡立て器を持ち上げたときタラタラ〜と落ちるくらい)

 

2.ざるにクッキングシートを敷き1を入れ、塩抜きした桜の花を全体に散らす。

 

3.強火で20〜30分蒸す。そのまま余熱で5分おき、取り出して切り分ける。

 

0328thum

 

★ココがPoint★

可愛く仕上げたいときは少しだけ食紅を入れると、桜のようなピンクになります。
また、こしあんをいれても◎

 

桜の蒸しパンは今の季節だからこそ、楽しんでもらいたい一品。
余った桜の塩漬けの消費にも使えますよ。
是非一度この蒸しパンを作ってみませんか?

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。