Home > 今日のレシピ > 冷凍ストックで作る「牛肉とエリンギのクリーム煮」

今日のレシピ

冷凍ストックで作る「牛肉とエリンギのクリーム煮」

冷凍ストックしておける、簡単レシピをご紹介!冷凍で1か月保存可能なので、時間がある日におかずの下準備をして冷凍しておけば、後々調理が楽になりますよ◎

 

今回は「牛肉とエリンギのクリーム煮」をご紹介。手作りのソースでワンランク上の味へ…体が温まるので寒い時期におすすめの一品です。また、賞味期限が切れそうな牛乳の消費にも役立つのでおすすめです♪

一口食べればクリームの優しい甘さで、身も心もほっこり温まります。牛肉の旨みとエリンギの食感も美味しい!冷凍でストックしてご家庭の定番料理にいかがですか?

牛肉とエリンギのクリーム煮材料写真

【材料(2人分)】

valor select 薄力小麦粉・・大さじ2

牛肉(スライス)・・200g 玉ねぎ・・1/2個

エリンギ・・2本 にんにく(輪切り)・・1片分

バター・・10g 塩・・小さじ1/4

ブイヨン・・50ml

牛乳・・150ml

生クリーム・・50ml

粒マスタード・・小さじ1

乾燥パセリ・・適量

 

【作り方】

1.玉ねぎは1cm幅の半月切り、エリンギは手で細かく割く。

 

2.ボウルに室温に戻したバターと小麦粉を入れ練り混ぜておく。

 

3.ジッパー付き保存袋に、エリンギ、玉ねぎを入れ、2を散らして入れる。牛肉、にんにくを加え、塩を振って空気を抜いて袋を閉じ、冷凍する。(冷凍で1か月保存可能)

 

4.鍋に3とブイヨンを入れフタをして弱火にかける。フツフツとしてきたら時々全体を混ぜながら更に10分煮る。牛肉と玉ねぎに火が通ったら、牛乳、生クリームと粒マスタードを加えひと煮立ちさせる。塩、こしょう(分量外)で味を調え、火を止める。

 

5.お皿にご飯(分量外)と4を盛り付け、乾燥パセリを散らす。

 

1213サムネ

 

★ココがPoint★

冷凍させた食材は、調理する前に傷んでいないかの確認をしっかりしましょう。また、できるだけ早めに使用した方が、鮮度を落とすことなく食べることができます。

 

冷凍ストックをしておけば、急ぎの用事が入った時にも疲れた時にも大活躍!余計な洗い物を増やさなくて済むところもポイントです。

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。