Home > 今日のレシピ > 余ったお餅が洋風ピザに大変身!「ねぎ豚の餅ピザ」

今日のレシピ

余ったお餅が洋風ピザに大変身!「ねぎ豚の餅ピザ」

今回はお正月に余りがちなお餅のアレンジレシピ。和食に飽きてしまった貴方に、お餅で作る「ねぎ豚の餅ピザ」をご紹介します。おつまみやおかずにおすすめの一品です。

 

ピザの生地の代わりに切り餅を使えば、外はカリカリ、中はもちもちの美味しい生地に!豚肉と白ネギの相性もばっちりです。一度食べれば美味しすぎて、思わずお餅を買い足してしまうかも…

ねぎ豚の餅ピザ材料写真

【材料 (4人分)】
生切餅・・4個
豚肉スライス(バラ肉)・・100g
白ねぎ・・1本
油・・小さじ1/2
ピザ用チーズ・・80g
[A]
ケチャップ・・大さじ2
ウスターソース・・小さじ1

 

【作り方】

1.餅は薄く切る。白ねぎは斜め薄切り、豚肉は3~4cmの長さに切る。

 

2.フライパンに油をひいて熱し、豚肉と白ねぎを加えしんなりするまで炒める。Aを加えてさらに炒め、取り出す。

 

3.フライパンを綺麗に洗い、フライパン用ホイルを敷いて餅を敷き詰め、フタをして弱めの中火で3分程焼く。

 

4.餅が溶けてきたら上に2を敷き詰め、チーズを乗せてさらに5分焼く。

 

5.そのままトースターに移し、表面がこんがりするまで焼く。

 

0103_sub

 

★ココがPoint★

餅は薄く切るのがポイント!また餅が溶けてきたときに隙間がある場合、フライ返しで生地を全体的に潰すといいですよ。

 

余ったお餅を更に美味しく、簡単にアレンジできる餅ピザ。他の具材を乗せても美味しいので、是非いろいろ試してみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。