Home > 今日のレシピ > クリスマスにピッタリなビストロレシピ「鶏肉の赤ワイン煮」

今日のレシピ

クリスマスにピッタリなビストロレシピ「鶏肉の赤ワイン煮」

クリスマスにピッタリなビストロレシピをご紹介♪今回はフライパンだけで簡単に調理できる「鶏肉の赤ワイン煮」です。

 

赤ワインさえあれば、お家にある材料で作ることができるこのレシピ。赤ワイン煮なんて難しそう…と思われる方もぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

じっくり煮込まれた柔らかいお肉が美味しくて、簡単に作ることができる上に見た目がオシャレなので、クリスマスや特別な日にはピッタリな一品です。残った赤ワインの消費にもオススメです。

鶏肉の赤ワイン煮材料写真

【材料(4人分)】

鶏もも肉・・600g
にんにく(みじん切り)・・1片分
はちみつ・・大さじ3
ベーコン・・2枚
玉ねぎ(スライス)・・1/2個
グリーンオリーブ(種抜き)・・12個
薄力粉・・大さじ2と1/2
水・・300ml
赤ワイン・・350ml
バター・・20g
塩、こしょう・・適量
サラダ油・・適量
イタリアンパセリ・・適量

 

【作り方】

1.鶏肉は、半分にカットして塩、こしょうをしっかりめにふる。

 

2.熱していないテフロンフライパンに、油をひかずに皮目を下にして鶏肉を入れてから、強火にかける。

 

3.皮がきつね色になったら裏返してさっと焼き、バットに取り出す。フライパンの脂を軽く拭き取ったら水を入れて沸かし、フライパンについた肉汁の旨みを木べらでこそげ取り、ボウルに移す。

 

4.3のフライパンにサラダ油を熱し、にんにく、玉ねぎと5mm幅に切ったベーコンを入れてよく炒める。具材をはじに寄せて空いた部分にはちみつを入れる。はちみつがカラメル色になったら、全体と炒め合わせる。弱火にして薄力粉を加え、粉気がなくなるまで炒める。

 

5.4へ3の水、赤ワインを入れてよく混ぜ合わせる。さらに3の鶏肉、オリーブを加える。


6.沸騰したらアクを取り、弱火~中火で30分煮込む。仕上げにバター、塩、こしょうで味を調える。器に盛り付け、パセリを飾る。

 

1220_sub

 

★ココがPoint★

赤ワインによって味に違いがでますが、高いワインでなくても充分美味しいですよ。お好きなワインで作ってください♪

 

お家で作れるビストロレシピでワンランク上の食卓へ。このレシピでクリスマスを華やかに彩りましょう!
動画でも作り方をチェックできるので、作り方を確認しながら作ってみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。