Home > 今日のレシピ > キムチと納豆で腸活レシピ「キムチ納豆豚汁」

今日のレシピ

キムチと納豆で腸活レシピ「キムチ納豆豚汁」

今回ご紹介するのは、健康志向の方やダイエットをしている方におすすめ腸活レシピ「キムチ納豆豚汁」です。キムチと納豆は相性ぴったりの美味しさです。

 

食物繊維と発酵食品で腸内環境を整え、巡りをよくする腸活レシピ。

キムチと納豆に含まれる乳酸菌等は、温めて死滅しても善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境へ良いアプローチをしてくれます。

キムチ納豆豚汁材料写真

材料 (4人分)

キムチ・・80g

納豆・・1パック

豚肉(スライス)・・120g

大根・・80g

にんじん・・1/2

白ねぎ・・1/4

絹ごし豆腐・・1/2

味噌・・大さじ21/2

サラダ油・・小さじ2

生姜(すりおろし)・・1/2片分

水・・600ml

 

 

【作り方】

1.納豆は付属のたれを加えて混ぜておく。大根、にんじんは薄く半月切り、白ねぎは斜め薄切り、絹ごし豆腐は2cm角に切る。豚肉は3cm幅に切る。

 

2.鍋を中火にかけサラダ油を入れ、豚肉を加えて色が変わるまで炒める。

 

3.大根、にんじんを加えて炒め、全体に油が回ったら水を加え沸騰させてアクを取り除く。

 

4.10分程煮たら豆腐、生姜を加えさらに5分煮て、キムチ、納豆を入れて火を通す。

 

5.火を止め味噌を溶き、白ねぎを加える。

 

0228_thum

 

★ココがPoint★

納豆はあまり混ぜなくてもOKです。味噌汁に混ぜると独特なねばねばや臭いがなくなるので食べやすくなります。

キムチと納豆は他のレシピでも相性抜群なので、是非一度この食べ合わせを試してみてください♪

 

 

 

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。