Home > 今日のレシピ > イカの塩辛で時短調理!「イカとじゃがいものガーリック炒め」

今日のレシピ

イカの塩辛で時短調理!「イカとじゃがいものガーリック炒め」

普段の生活の中、何かと忙しい日々が続くこともありますよね。今回ご紹介するのはなんと約10分でできる、イカの塩辛を使用した簡単時短レシピ「イカとじゃがいものガーリック炒め」です。

 

イカの塩辛は具材にも味付けにも使える万能食材。これを使うだけでおいしい料理を簡単に作ることができるので、時短料理にはとってもオススメです!

 

イカの塩辛を入れて今が旬の新じゃがとアスパラガスをにんにくで炒めれば、春を感じられるおいしいおかずが完成!ビールとの相性もバツグンです。

いかとじゃがいものガーリック炒め材写真

【材料 (2人分)】

じゃがいも・・中2個

アスパラガス・・4本

にんにく(みじん切り)・・2片分

オリーブオイル・・大さじ1

塩、黒こしょう・・少々

[A]

イカの塩辛・・大さじ4

バター・・10g

酒・・小さじ2

 

【作り方】

1.じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま1cm幅の棒状に切る。アスパラガスは根元の皮をピーラーでむき、切り口が1cm幅の斜め切りにする。

 

2.冷たいフライパンにオリーブオイル、にんにく、じゃがいもを入れ、中火にかけて炒める。

 

3.じゃがいもに火が通ったら、アスパラガスを加えてサッと炒め合わせ、Aを加える。よく絡めたら火を弱め、塩、黒こしょうで味を調える。

 

0510_sub

 

★ココがPoint★

市販のイカの塩辛は商品によって味の濃さや辛さが違うので、使用する量は味付けをみて変えてください。

 

スルメイカは今が旬なので、イカの塩辛を手作りするのもオススメです。

料理研究家 寺田真二郎さんの動画でこのレシピをチェックして、是非春の旬の味を楽しんでみてください。

関連記事

今日のレシピ

濃厚チーズともちもち食感♪「チーズフォカッチャ」

今回ご紹介するのは、イタリア料理には定番で欠かせないパン「フォカッチャ」をアレンジしたレシピです。生地をこねずに作ることができるので、パン作り初心者さんでも安心です。 「valor plus ピザ・トースト用シュレッド」をたっぷり使用した「チーズフォカッチャ」は、濃厚なチーズがたまらない一品♪コレステロールを大幅にカットしているので、健康志向の方にもおすすめです。 もっちもちんの生地の上にかけるだけではなく、生地に混ぜこんだチーズの濃厚な味が、一度食べればやみつきになること間違いなし。朝食だけではなく、ワインとの相性もバツグンです。 【材料 (約21×16×3cmのホーローバット1台分)】valor plus ピザ・トースト用シュレッド・・80g[A]強力粉・・130g塩・・小さじ1/2砂糖・・大さじ1[B]ドライイースト・・1g水・・100mlオリーブオイル・・大さじ1 【準備】 四隅に切り込みを入れたオーブンシートをホーローバットに敷いておく。水(または牛乳)は、夏は冷蔵庫で冷やしたもの、冬は人肌に温めたもの、それ以外の季節は20~25℃のものを使用する。 【作り方】1.ボウルにBを順に入れ、泡立て器で混ぜる。Aも順に加えてゴムベラで2〜3分、粉気がなくなるまで混ぜる。 2.一次発酵生地を入れたボウルにラップをして室温に30分置き、濡れた手で生地の端をはがして、中央に向かって折りたたむ作業を1周行い、綺麗な面が上になるように生地の上下を返す。再度ラップをして室温に30分置く。冷蔵庫の野菜室に入れ、生地が2倍以上の大きさになるまで最低6時間~最長2日置いて一次発酵させる。冷蔵庫から生地を取り出し、室温に30分置く。生地の表面に打ち粉(強力粉・分量外)を振って、生地とボウルの間にカードなどを差し込んではがし、生地を取り出す。 3.生地を指で広げて長方形に伸ばす。中心1/3にピザ・トースト用シュレッド20gを乗せて、右1/3の生地を折りたたみ、さらにその上にピザ・トースト用シュレッド20gを乗せて、左1/3の生地を折りたたむ。 4.成型・二次発酵生地を指で広げて長方形に伸ばす。左右を1/3ずつ内側に折りたたむ。バットに敷いたオーブンシート全体にオイル小さじ1/2(分量外)を塗り、生地のとじ目が下になるようにバットに入れて、指で生地をバットの隅々まで行き渡らせたら、35℃のオーブンで45分二次発酵させる。 5.オーブンを190℃に予熱する。4の生地の上にオリーブオイル小さじ1/2(分量外)を塗って、生地の底に指をつけるように全体に穴をあけ、残りのピザ・トースト用シュレッドをかけ、190℃のオーブンで20分焼く。  ★ココがPoint★オーブンにより温度や焼き時間に違いがあるので、様子を見ながら焼きましょう。誰でも簡単に出来るフォカッチャのアレンジレシピ。作り方を知っているだけで自分好みのパンを作ることができるのでおすすめです。動画でも作り方をチェックできるので、是非挑戦してみてくださいね

今日のレシピ

GWに食べたい!簡単時短レシピ「キャベツ入り焼きメンチカツ」

5月に入り、GWがやってきました!家族そろってお家でゆっくりするご家庭も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのはスキレットを使用した「キャベツ入り焼きメンチカツ」です。 下ごしらえはなんと約10分!あとはトースターやオーブンに入れるだけなので、焼いている間に他の料理をゆっくり作ることができます。 サクサクジューシーなお肉と甘いキャベツが絶品。キャベツ嫌いなお子様も、これなら笑顔で食べてくれるはずです。また、スキレットを使用しているので、おうちでキャンプ気分を楽しめます♪ 【材料 (2人分※スキレット16cmサイズ)】キャベツ(粗みじん切り)・・1/8個玉ねぎ(みじん切り)・・1/4個卵・・1/2個パン粉・・大さじ6オリーブオイル・・小さじ1パセリ(みじん切り)・・適量[A]牛豚合挽ミンチ・・130gウスターソース・・小さじ1塩・・小さじ1/4黒こしょう・・小さじ1/4【作り方】1.ボウルにAを入れ、粘り気が出るまでよくこねたら、卵、パン粉(大さじ3)、玉ねぎ、キャベツを加え、混ぜ合わせる。 2.スキレットにオリーブオイルを塗り、1を平らに広げ、パン粉(大さじ3)をかける。 3.トースターまたは200℃に予熱したオーブンで20~30分程焼く。(途中、美味しそうな焼き色がついたら、アルミホイルを被せる) 4.仕上げにパセリを散らす。  ★ココがPoint★ナツメグがあるご家庭はAに小さじ1/4を追加すると、さらに風味が出ておいしいですよ。 誰でも簡単に作ることができる上に、オシャレでおいしいこのレシピ。キャベツで量増しすることもできるので、節約中の方にもおすすめの一品です。ぜひ一度試してみてください。 

今日のレシピ

栄養満点の簡単オシャレスイーツ「オートミールグラノーラバー」

近年人気を集めているオートミール。そこで今回は誰でも簡単に作ることができる「オートミールグラノーラバー」をご紹介します。オートミールは低カロリーで栄養たっぷり!ダイエットと健康維持に取り入れたいですね。様々な料理にアレンジすることも可能なので、これを機に一度購入してみてはいかがですか? 今回はナッツとレーズンも使用します。オートミールとナッツのザクザクな食感に、果物の優しい甘みを感じられるレーズンがプラスされて、食べ出すとついついとまらなくなる美味しさです。【材料 (4個分)】オートミール・・60gナッツ類(くるみ、アーモンド、カシューナッツ)・・60g溶き卵・・1個分はちみつ・・20gココナッツオイル(またはサラダ油)・・10mlレーズン・・40g米粉・・40g 〖下準備〗1.ナッツ類はポリ袋に入れて綿棒で叩いて粗く砕く。2.天板にオーブンシートを敷く。オーブンは160℃に予熱する。 【作り方】1.ボウルにオートミールとナッツ類、溶き卵を入れてゴムベラでよく混ぜる。 2.1にはちみつ、ココナッツオイルとレーズン、米粉を加えて混ぜひとまとめにする。オーブンシートに広げ、綿棒で1cm厚、10cm×15cm程度の長方形になるよう伸ばす。 3.160℃のオーブンで30分焼いてから取り出し、4等分に切る。  ★ココがPoint★生地はしっかり混ぜて、まとめましょう。固まっていないと完成後に崩れやすくなります。 栄養満点でおいしくお手軽に食べられるので、作り置きして忙しい朝の食事にもおすすめです。オートミールを多めに入れるのもよし、ドライフルーツはレーズン以外のものを使ってもよし。お好みのアレンジでも作ってみて下さいね。 

今日のレシピ

これ一つで満腹!簡単味噌スープ「さば缶味噌スープ」

今回は忙しい朝のお弁当のおかず作りにピッタリ。さば缶でパパッと簡単に作れて、野菜も取れる味噌スープの作り方をご紹介します。 スープジャーのいいところは、ほったらかしで調理ができること!このさば缶味噌スープは材料を入れて熱湯を注ぐだけで完成するので、料理初心者さんでも楽々作れますよ。 さば缶と味噌スープの組み合わせは絶品!ぜひおにぎりと一緒に食べたい一品です。温かく和を感じることのできる味噌スープで、ほっと一息つきませんか? 【材料 (2人分)】冷凍ミックスベジタブル・・1/4カップ厚揚げ・・100gさば缶(味噌煮)・・120g味噌・・小さじ1/2熱湯・・250ml【作り方】1.スープジャーと空ける前のさば缶に熱湯(分量外)を注いで温めておく。 2.冷凍ミックスベジタブルは熱湯(分量外)を回しかけて温め、ざるにあげて水気を切る。 3.厚揚げはひと口サイズにちぎり、熱湯(分量外)を回しかけて水気を切る。 4.温めたスープジャーにさば缶を汁ごと入れ、ミックスベジタブル、厚揚げ、味噌を入れ熱湯を注ぐ。★ココがPOINT★スープなどの汁物を一番おいしく感じる温度は、57℃から72℃の間だといわれています。57℃以上で保温できるスープジャーだとより美味しく食べることができますよ♪ もちろん、スープジャーを使わなくてもいつもの調理器具で調理できるので、普段のお味噌汁の代わりに作ってみても◎ ぜひお手軽にできるこのレシピを試してみてください。 

月別アーカイブ

2022年