Home > 今日のレシピ > 栄養満点!食感の違いも楽しめる「オートミールでベジミートソース」

今日のレシピ

栄養満点!食感の違いも楽しめる「オートミールでベジミートソース」

今大人気のオートミール。でも、どうやって食べたら良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。今回はオートミールを使ったアレンジレシピをご紹介します♪

 

パスタの定番「ベジミートソース」は「valor select カットトマト」とオートミールを使用すれば栄養たっぷりな仕上がりに。お肉が入っていないのに満足できる一品です。

 

0906画像2

 

【材料 (2人分)】
Valor select カットトマト・・1缶
オートミール(ロールドオーツ)・・100g
水・・60ml
玉ねぎ・・1/2個
にんじん・・1/2本
セロリ・・15cm
しいたけ・・2個
にんにく(みじん切り)・・1片分
オリーブオイル・・大さじ2
塩・・小さじ1/2
こしょう・・少々
ショートパスタ・・200g
粉チーズ、パセリ(みじん切り)・・適量

オートミールのベジミートソース材料写真

【作り方】

1.野菜はすべてみじん切りにする。ボウルにオートミールを入れ、水を回しかけてなじませ、5分おく。

 

2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら1の野菜を入れ、しんなりするまで炒める。1のオートミールも入れて更に炒め、トマト缶、塩、こしょうを加えて弱火で15分煮る。

 

3.ショートパスタを茹でて皿に盛り、2を乗せる。粉チーズを振り、パセリを散らす。

 

0906画像4

 

★ココがPoint★

オートミールとしいたけがひき肉の代わりになり、味も食感も美味しいミートソースになりますよ♪

色々な料理にアレンジ可能なオートミール。動画でも作り方をチェックできるので、是非チェックしてみてくださいね。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。