Home > 今日のレシピ > さば缶で栄養価もUP!「さば缶冷汁のつけうどん」

今日のレシピ

さば缶で栄養価もUP!「さば缶冷汁のつけうどん」

 

暑さで夏バテ気味の方必見!今回は、「valor plus 旬とれさば水煮」を使った「さば缶冷汁のつけうどん」をご紹介します。

 

さば缶には栄養素がたっぷり含まれており、冷たいうどんと一緒に食べれば、夏バテ気味の方でもおいしくしっかり栄養を摂ることができますよ。

 

230811_PB

230811_材料

 

【作り方】

1.きゅうりを2mm幅の小口切りにし、軽く塩揉みをする。さば缶の汁を軽く切り、ほぐす。

 

2.Aを練り合わせてだし汁で伸ばし、生姜と1を加える。

 

3.うどんは茹でて、冷水でしめざるに盛る。

 

4.器に入れて大葉を乗せ、うどんに添える。

 

★ココがPoint★

うどんを盛り付けるとき、ひと口サイズに麺をまとめると食べやすいですよ。

 

簡単に作ることができるので、料理をしたくない日にもおすすめです。
冷たいつけうどんで、暑い夏を乗り切りましょう!

 

こちらからも作り方をチェックできるので、ぜひ作ってみてください。

 

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。