Home > 今日のレシピ > いつもメニューにひと工夫!「さばキーマカレー」

今日のレシピ

いつもメニューにひと工夫!「さばキーマカレー」

今回は、いつものメニューをアレンジしたご馳走ごはんをご紹介します。

 

さば缶は、栄養価が高く手軽に料理のアレンジができるので、ストック食材の優等生!
さば缶の旨みとトマトの酸味で奥深い味わいのさばキーマカレーは絶品です♪

 

画像2

 

作り方

 

1.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、にんにくの香りが立ったら玉ねぎを入れよく炒める。玉ねぎがきつね色になったらにんじん、生しいたけ、アスパラガス、トマトの順に入れ炒める。フタをして野菜に火が通るまで蒸し煮にする。

 

2.1にさば缶を加えたら身をほぐし、Aを加えひと煮立ちしたら火を止める。

 

3.カレールウを入れて溶かし再び火にかけ、とろみがついたら温かいご飯にかけ、仕上げにお好みでだし粉を振りかける。

※付け合わせはレシピ・材料の分量外です。

 

HP用サムネ

 

盛り付けの最後に温泉たまごやゆでたまごをトッピングするとマイルドな味わいになり、お子様でも食べやすくなりますよ♪
是非、試してみてくださいね。

関連記事

今日のレシピ

発酵パワー!自家製醤油麴で「旬魚の醤油麴漬け 香味ソース」

納豆やぬか漬けなど、日本人の知恵が詰まっている発酵食品。味噌や醤油、日本酒などを作る麴菌は、日本の国菌と言われています。今回はこの麴菌で、自家製調味料として使える醤油麴と、醤油麴を使ったレシピをご紹介します。 ☆★☆ 醤油麴 ☆★☆ 【作り方】1.容器やボウルに米麹と醤油を入れ、よく混ぜ合わせる。 2.時間が経つと米麹が水分を吸っていくので、ひたひたの状態になるように醤油を足す。 3.フタをして常温に置き、発酵させる。 1日1回は清潔なスプーンなどでかき混ぜる。(夏場3~5日、冬場1週間くらい) 4.米麹が柔らかく、指で潰せるくらいになって、米麹の甘い香りがしてきたら完成。冷蔵庫に入れ、半年を目安に早めに使い切る。   ☆★☆旬魚の醤油麴漬け 香味ソース☆★☆  【作り方】1.旬魚をAに漬けて4時間以上置く。(3日は保存可) 2.魚焼きグリル、またはオーブンシートを敷いたフライパンで1を焼く。 3.Bを全て混ぜ合わせ、味を馴染ませる。 4.お皿に2を乗せ3をかけて完成。   最近では米麹が手に入れやすくなっているので、ぜひ自家製調味料として醤油麴を作って活用してみてくださいね。